オーストラリアン・ケルピー

スポンサーリンク
犬種
オーストラリアン・ケルピー
原産
オーストラリア
役割
牧羊犬(牧畜犬)
サイズ
中型犬
オスの体高
46〜51cm
オスの体重
14〜21kg
メスの体高
43〜48cm
メスの体重
14〜21kg
2014年のJKCの登録件数
9頭

オーストラリアン・ケルピーの歴史

1800年頃にイギリスのスコットランドからオーストラリアへやってきた移民が連れていたスムース・コリーとディンゴ(タイリクオオカミの亜種。オーストラリアの野犬のようなもの)との交配によって生み出された犬だといわれています。

ケルピーとはスコットランドの伝説に出てくる美しい幻獣から名付けられました。

オーストラリアン・ケルピーの特徴

スムース・コリーとディンゴの血を引いていますが、それらよりも小型です。

被毛はダブルコートのスムースコートで艶があります。

色は黒、チョコレート、栗毛などで、精悍な顔立ちをしています。

ピンと立った耳が特徴的で、生後1年までにはピンと立ちます。

稀に耳が先折れになる個体も存在しますが、全折れになることはないようです。

とても優しく、非常におとなしい性格の犬です。

普段はおとなしいオーストラリアン・ケルピーですが、生粋の牧羊犬です。

飼い主と遊ぶ時や、使役される時には元気いっぱいに仕事をこなします。

仕事や遊びが大好きで、生き甲斐としている犬種です。

オーストラリアン・ケルピーの飼いやすさ

相当の運動をこなさなければ、ストレスを貯めてしまうかもしれません。

自転車引きができる環境や、ノーリードで自由に走り回れる広い空間(ノーリードが許される公園や田舎の空き地、ドッグランなど)があるといいでしょう。

全力で体を動かせないとストレスを貯めてしまう犬種ですので、十分な運動量が確保できそうにない人はこの犬種を飼わないほうがいいでしょう。

ダブルコートですので、換毛期にはそれなりの抜け毛が見られますが、手入れはほとんど不要で、ブラシを掛けるかタオルで拭く程度でいいでしょう。

頭の良い牧羊犬で、落ち着きもあります。

飼い主に対する服従心も極めて強いので、しつけは比較的容易ですし覚えも早いです。

しかし、犬の飼育の初心者がしつけに失敗してしって言うことを聞かない犬になってしまうと大変なことになりかねません。

ある程度しつけを熟知した人か、もしくは、必要な場合はしつけ教室の力を借りる等して、良い犬になるようにしつけましょう。

オーストラリアでは人気の犬種

2014年のジャパンケネルクラブの登録件数は9頭と、日本ではかなり希少性の高い犬種ですが、本場のオーストラリアでは毎年10万頭以上の登録があるほどの人気犬種だそうです。

また、牧羊犬としての資質が非常に高いので、オーストラリア以外の国でも牧羊犬として利用されています。

オーストラリアン・ケルピーのブリーダー情報

愛犬ハウスセキノ

様々な犬種を扱っているブリーダーです。取扱犬種の中に、オーストラリアン・ケルピーも含まれています。

オーストラリアン・ケルピーのブログ

オーストラリアンケルピーエルマーの冒険(暴犬)?

黒いオーストラリアン・ケルピーのエルマー君を飼育されているelmer父さんのブログです。

元気でとても活発な子のようです。

オーストラリアン・ケルピーの紹介動画

DOGS 101のオーストラリアン・ケルピーの詳しい説明動画です。

本編は3分05秒です。

本編の解説は英語ですが、オーストラリアン・ケルピーの歴史や、特徴が学べますし、元気に走り回る姿を見ることができます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です