オーストラリアン・シルキー・テリア

スポンサーリンク
犬種
オーストラリアン・シルキー・テリア
原産
オーストラリア
役割
愛玩犬・害獣駆除
サイズ
小型犬
オスの体高
23〜25cm
オスの体重
4〜5kg
メスの体高
23〜25cm
メスの体重
4〜5kg
2014年のJKCの登録件数
0頭

歴史

オーストラリアン・シルキー・テリアは19世紀の末に、ヨークシャー・テリアやオーストラリアン・テリアとの交配によって誕生しました。

しかし、1929年まではオーストラリアン・テリアと同じ犬種とされていたため、普通に交配も行われていました。

1932年以降はオーストラリアン・シルキー・テリアとオーストラリアン・テリアは別の犬種として確立されました。

特徴

正面から撮影したオーストラリアン・シルキー・テリア

ヨークシャー・テリアによく似ていますが、やや大きめの体をしています。

被毛はシルクのような艶やかで長毛です。

美しい姿をしていますが、ネズミの駆除にも使われていましたので、ネズミ等の小動物を見つけると激しく興奮し追いかけ、捕獲します。

テリア気質で好奇心旺盛で明朗活発です。

やや攻撃的な気質を持っています。

見知らぬ人には吠えたてたり、攻撃的になることもあります。

飼いやすさ

飼い主や家族と一緒に遊ぶことが大好きな犬種です。

テリア気質を残したやや攻撃的な面もある犬種ですので他の犬や他のペットに対しても攻撃的になることがあります。

おとなしい座敷犬を求めている方には合わない犬種です。

興奮したり怖いことがあると、ひらすら吠え続けることもありますので、集合住宅などで近所に迷惑が掛ならいか心配されている方には、別の犬種にされたほうがいいかもしれません。

なるべくおだやかな性格になるように育てることが重要です。

頭が良い犬種ですが独立心が高く、頑固なため、犬の飼育やしつけに慣れた人でないと手を焼くことになるかもしれません。

激しい運動や、探検を好む犬種です。

小型犬ですので運動量はさほど要求されませんが、好奇心旺盛ですので、彼らの好奇心を満たすようなコース取りで楽しませてあげるといいでしょう。

毛がもつれやすい犬種です。

被毛の手入れは毎日ブラッシングやコーミングを行い、毛がもつれないようにしましょう。

毎日のコーミングで、ツヤのある美しい被毛を維持してあげましょう。

オーストラリアン・シルキー・テリアのブリーダー情報

オーストラリアン・シルキー・テリアを繁殖されているブリーダーのブログやサイトを見つけることができませんでした。

ブリーダーのサイトやブログをご存知の方は、メールフォームから教えて頂けましたら幸いです。

オーストラリアン・シルキー・テリアを飼育されている方のブログ

オーストラリアン・シルキー・テリアを日本で実際に飼育されている方のブログやサイトを見つけることができませんでした。

実際に飼育されている方のサイトやブログをご存知の方は、メールフォームから教えて頂けましたら幸いです。

オーストラリアン・シルキー・テリアの紹介動画

DOGS 101のオーストラリアン・シルキー・テリアの紹介動画です。

本編は2分43秒です。

本編の解説は英語ですが、オーストラリアン・シルキー・テリアの歴史や特徴などをわかりやすい図で解説してくれています。

美しい被毛のオーストラリアン・シルキー・テリアが元気に駆け回る姿をお楽しみください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です