ゴードン・セッター

スポンサーリンク
犬種
ゴードン・セッター
原産
イギリス(スコットランド)
役割
鳥猟犬
サイズ
大型犬
オスの体高
61〜69cm
オスの体重
25〜36kg
メスの体高
58〜66cm
メスの体重
20〜32kg
2014年のJKCの登録件数
2頭

歴史

ゴードン・セッター(ゴードンセター)は1820年にスコットランドで誕生した、スコットランド原産の中では唯一の鳥猟犬です。

スコットランドのゴードン城のゴードン公爵が、コリーなどと交配を行い作り出しました。

その見た目からブラック・アンド・タン・セッターという名前で呼ばれていましたが、後に優れた猟犬として普及したことにより、ゴードン・セッターという犬種名に改名されました。

セッターの中では最も新しい犬種になります。

特徴

ゴードンセッター

ゴードン・セッターはセッター種の中では最も大きい犬種になります。

外貌はアイリッシュ・セッターに似ており、毛色はブラック・アンド・タンです。

顔の彫りは深く、両目の間はくぼんでいます。

頭はやや大きく、額は丸くなっています。

鼻筋は通っていて黒色です。

薄く大きな耳は他のセッターよりも多くの飾り毛をたくわえています。

深い胸をもち、お腹は引き締まっており、全身の筋肉はよく発達しておりたくましい体型です。

四肢は長く、長い飾り毛があります。

飼いやすさ

ゴードン・セッター飼い主や家族のことが大好きで、愛情深く献身的です。

子どもの相手も問題なくこなせます。

陽気な性格で周囲を明るくしてくれますが、元気すぎて手を焼くかもしれません。

静かに暮らしたい家庭には不向きです。

知らない人にはあまりなつきません。

侵入者には警戒して吠えたてますので、番犬としても適しています。

そこそこ賢い犬ですので、コマンドを教えるのにもさほど苦労はしません。

スピードはあまり速くありませんが、スタミナに富んでおり、粘り強い持久力を見せます。

猟犬として飼い主に与えられた仕事は一生懸命にこなします。

好奇心旺盛で何にでも興味を持つ犬ですので、急に無気力になったら病気になっている可能性があります。

賢い犬ですので、子犬の頃から訓練をして、やって良いことと悪いことを教えこんでおく必要があります。

子犬の時から一貫性のある正しいトレーニングを続ければ、とても良いパートナー犬となるでしょう。

あまり厳しく接したり、手荒なトレーニングを行うとすねてしまいますので、褒めて伸ばすようにしましょう。

仕事が大好きなので、フライングディスクやボール遊び、フィールドトライアルなど、訓練を兼ねた遊びを行ってあげましょう。

気に入ったおもちゃで一人遊びを覚えれば、イタズラをしなくなります。

元々セッターという、嗅覚を頼りに獲物を見つけるとセットしてハンターに獲物の場所を教える仕事をしていた犬ですので、興奮することがあまりなく、攻撃性も高くありません。

ただし、狩猟本能が強いため、猫などの他の動物を追跡することもありますので、注意が必要です。

垂れ耳なので、耳の通気性が悪いため、外耳炎などの疾患には注意しましょう。

こまめに耳掃除や耳のチェックを行いましょう。

散歩や運動量について

バランスがよく、飼いやすいのですが、運動量は膨大です。

なるべなくなら、広いスペースでのびのびと育ててあげるのが理想的です。

被毛の手入れ

ブラッシングは毎日念入りに行いましょう。

ゴードン・セッターのブリーダー情報

SISTER MOON SHONAN JP

  • 神奈川県中郡大磯町東小磯613-5
  • TEL:0463-61-9348

常時繁殖はされていないようですが、長い期間待つ事になってでもゴードンを迎えたいという人を集って繁殖されるようです。

ゴードン・セッターを飼育されている方のブログ・サイト

ゴードン・セッターを飼育されている方のブログはあったのですが、ここ何年も更新されていませんでした。

現在でも更新されているゴードン・セッターのブログやサイトをご存知の方がいらっしゃいましたら、こちらから教えて頂けましたら幸いです。

ゴードン・セッターの紹介動画

Dogs 101のゴードン・セッターの紹介動画です。

本編は2分42秒です。

解説は英語ですが、ゴードン・セッターの歴史や特徴が詳しく学べます。

元気に駆け回るゴードン・セッターの姿をご堪能ください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です