スピノーネ・イタリアーノ(イタリアン・ワイアーヘアード・ポインター)

スポンサーリンク
犬種
スピノーネ・イタリアーノ(別名:イタリアン・ワイアーヘアード・ポインター,イタリアン・スピノーネ,イタリアン・グリフォン)
原産
イタリア
役割
鳥猟犬
サイズ
大型犬
オスの体高
60〜70cm
オスの体重
28〜37kg
メスの体高
58〜65cm
メスの体重
28〜30kg
2014年のJKCの登録件数
0頭

スピノーネ・イタリアーノの歴史

グリフォンやウォータードッグ等の交雑によって誕生した犬だといわれています。

15世紀には壁画にこの犬によく似た犬が描かれていることから、かなり昔から存在していた犬種のようです。

犬種として確立した後は、雑種化が進み希少な犬種になりました。

今でもスピノーネ・イタリアーノの大半はイタリアで飼われており、他の国で見かけることは稀です。

イタリアン・ワイアーヘアード・ポインター,イタリアン・スピノーネ,イタリアン・グリフォンなど、様々な呼び方をされています

ヨーロッパではイタリアン・スピノーネイタリアン・グリフォンの呼び名が一般的です。

スピノーネとは刺のある植物という意味です。

刺のようなワイヤーヘアードだからスピノーネの名がつけられたのか、その硬い被毛で刺のある植物をガードしていたからスピノーネの名がつけられたのかははっきりしていません。

何世紀にもわたってポインターレトリバーとしてハンターと共に働いていました。横から撮影したイタリアン・スピノーネ(イタリアン・ワイアーヘアード・ポインター)

スピノーネ・イタリアーノの特徴

頭は大きく耳は垂れています。

マズルは長めで、生やしたヒゲが特徴的です。

尻尾は垂れていますが、生まれてすぐに断尾されることもあります。

体は白かクリーム色の単色の硬い被毛に覆われています。また、白、もしくはクリーム色にまだらが入る個体もいます。

スピノーネ・イタリアーノの飼いやすさ

飼い主や家族に対してはとても友好的で従順です。

ただし、警戒心や防衛本能が高い犬種ですので、知らない人に対しては心を開きません。

大型犬で力も強いため、散歩の際には飼い主がコントロールできなければ、事故を起こしてしまう恐れがあります。

そういう意味では、はじめて犬を飼う家庭には不向きかもしれません。

かなりの運動量を要求しますので、長めの運動か、田舎やドッグラン、ノーリードが許可されている公園など、ノーリードで自由に走らせてあげられる環境が好ましいでしょう。

比較的丈夫な犬種ですが、通気性の悪い垂れ耳ですので外耳炎等の耳の疾患にかかりやすいとされています。

スピノーネ・イタリアーノのブリーダー情報

日本では今のところ、アイリッシュ・レッド・アンド・ホワイト・セッターのブリーダーは存在しないようです。

繁殖を行っている方の情報がございましたら、メールでお知らせください。

スピノーネ・イタリアーノのブログ

スピノーネ・イタリアーノを日本で飼育されている方のブログを見つけることができませんでした。

もしご存知な方いらっしゃいましたら、メールでお知らせください。

スピノーネ・イタリアーノの紹介動画

室内でただひたすらおやつを食べたり、ボールで遊ぶスピノーネ・イタリアーノが見られる動画です。

本編は3分です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です