カーリーコーテッド・レトリーバー

スポンサーリンク
犬種
カーリーコーテッド・レトリーバー
原産
イギリス
役割
鳥猟犬
サイズ
大型犬
オスの体高
64〜69cm
オスの体重
27〜32kg
メスの体高
58〜64cm
メスの体重
27〜32kg
2014年のJKCの登録件数
3頭

歴史

現在認められているレトリーバーに分類されている全ての種類の中で、最も古い犬種にあたるのが、カーリーコーテッド・レトリーバーです。

16世紀に、今ではすでに絶滅してしまっているイングリッシュ・ウォーター・スパニエルとレトリービング・セッター、ラブラドール・レトリーバー、ニューファンドランドなどの様々なウォータードッグと交配されて基本的なこの犬が作出されました。

そして後の19世紀後半に巻き毛の被毛をより優れたものにするため、スタンダード・プードルと掛け合わされて現在の姿になりました。

18世紀後半にイギリスで、ハンターが仕留めた獲物を水中から獲物を回収(レトリーブ)する作業にあたっていました。

1889年には、カモやカンムリウズラを回収する目的をもってニュージーランドへと輸出されました。

特徴

By: Petful

全身がパンチパーマのようなくるくるのカーリーヘアーで覆わていることが特徴的なの水中作業犬です。

パンチパーマを掛けたフラットコーテッド・レトリーバーのようなイメージです。

この特徴的な被毛は寒さやイバラの棘などから体を守ることを目的としています。

陽気な性格をしていて、水遊びが大好きです。

冷たい水の中での作業も得意としています。

飼いやすさ

By: Petful

レトリーバー系の犬ですので、とても温厚で飼い主や家族と一緒に居ることが大好きです。

当然、頭も良く、学習能力は高いので、トレーニングも簡単です。

優しい性格をしていますので、小さな子どもや他の犬とも仲良く過ごせます。

家庭犬としても良い犬です。

手が掛かるのは子犬の間だけでしょう。

ウォータードッグの血筋をもっていますので、川や湖など、水を見たら入りたくてしかたなくなります。

水辺では水中の物を持ってきたり、自由に泳いだりと、疲れ果てるまで楽しく遊び続けることでしょう。

しつけは入りやすい犬種ですので、室内でも飼いやすい犬種です。

攻撃的ではありませんので、知らないお客さんが来訪した際にも、問題行動は起こさないでしょう。

泳ぐことが大好きなので、アウトドア好きな、キャンプなどに一緒に行ける人が飼うと、なお楽しいでしょう。

被毛の手入れ

シングルコートで抜け毛は少なく手入れは簡単です。

ブラッシングをすると特徴的なカーリーヘアがほどけてしまうこともありますので、時々コーミングを行う程度にとどめておくといいでしょう。

カーリーコーテッド・レトリーバーのブリーダー情報

ドッグワールド

  • 千葉県富里市御料257-1
  • TEL: 0476-90-5411
  • FAX: 0476-29-5129

カーリーコーテッド・レトリーバーのブログやサイト

Pippi the Cute Curly

カーリーコーテッド・レトリーバーのピッピを飼育されている方のブログです。

一緒に泳ぎも楽しんでいらっしゃるようです。

カーリーコーテッド・レトリーバーの紹介動画

カーリーコーテッド・レトリーバーのドッグショーの様子が撮影された動画です。

本編は7分8秒です。

たくさんの優れたカーリーコーテッド・レトリーバーを見ることができます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です