心筋症

スポンサーリンク

心筋症とは、心臓の筋肉が弱まり動きが悪くなる病気です。

このページでは犬の心筋症についての症状、原因、治療方法、予防方法を解説いたします。

ただし、あくまでも参考として捉えてください。

決して当ページの内容だけで素人判断はせず、問題がありそうな場合は速やかに獣医師に相談してください。

症状

心臓のイラスト

  • 元気がない
  • 食欲が無い
  • 呼吸困難
  • 激しい咳
  • 腹水がたまる
  • 四肢の浮腫み

心臓はそれ自体が耐久力に富んだ筋肉で構成されています。

胎内で一度動き始めた心臓は、死ぬまで止まることはありません。

心筋症は何らかの原因により、筋肉が弱まってしまい働きが悪くなる病気です。

心筋症は拡張型・肥大型・拘束型の3種類に分類されますが、犬に主に発症するのは拡張型心筋症です。

元気がなくなり、食欲が減退します。

激しい咳や呼吸困難などの症状がみられます。

重症になると、四肢に浮腫みが見られたり、腹水がたまる症状もみられます。

原因

現在のところ発症する原因はわかっていません。

上記のような大型犬に多く発症します。

また、加齢により、発症しやすくなります。

タウリンやL-カルチニンの不足で発生するという説もありますが、十分あるにもかかわらず発症するケースもよくあります。

治療

薬

対症療法と同時に、強心剤や血管拡張剤、利尿剤、抗不整脈剤の投与などの内科療法を行います。

また、タウリンやL-カルチニンを補給します。

症状が重ければ手術を行うこともありますが、完全に治ることはありません。

犬も人間と同様、心臓移植がもっともよい方法と言われてはいますが、現実では大変むずかしいろことです。

他には塩分を制限した食事に切り替え、心臓の負担を減らします。

心筋症は完治することはなく、徐々に悪化していきますので、いつかは限界がやってきます。

しかし、治療を施すことによって、症状を軽減することは可能ですので、症状が軽い状態でも治療を行うことをおすすめいたします。

運動制限について

犬は自分で運動を抑えることができませんので、飼い主が注意深く運動を制限させる必要があります。

興奮させたり、びっくりさせたり、長時間の散歩や、速い速度で走らせるなどしないようにしてください。

トリミングサロンや、ペットホテルに預ける際には、心臓に病気があることをしっかりと伝え、出来る限り興奮させないようにしてもらってください。

基本的にこの病気が良くなっていくことはありません。少しづつ悪い方向に進行していきます。

その進行具合を知るためにも、定期的に動物病院で検査をしてもらい、適切な治療を受けるようにしましょう。

また、他の心臓病同様に、塩分の強いものは与えないようにします。

予防方法

心電図

心筋症の予防方法はありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です