ファロー四徴症

スポンサーリンク

ファロー四徴症(ふぁろーしちょうしょう)とは、生まれつき心臓に

このページでは犬のファロー四徴症についての症状、原因、治療方法、予防方法を解説いたします。

ただし、あくまでも参考として捉えてください。

決して当ページの内容だけで素人判断はせず、問題がありそうな場合は速やかに獣医師に相談してください。

症状

心臓のイラスト

  • 呼吸困難
  • 腹水
  • 運動ですぐに疲れる
  • 元気がない
  • 発育不良
  • 肺水腫
  • 四肢の浮腫み
  • チアノーゼ

運動による呼吸困難や、疲れやすく、舌や唇などが紫色になるチアノーゼを起こしたり、貧血を起こして倒れるなどの症状が出ます。

重度の場合にはチアノーゼ(歯茎などの粘膜が白くなる)、貧血を起こして倒れ意識がなくなるといった症状も見られます。

原因

ファロー四徴症の解説イラスト

心臓の先天的な病気です。

  • 肺動脈狭窄(A)
  • 大動脈騎乗(B)
  • 心室中隔欠損(C)
  • 右心室肥大(D)

心臓が上記の4つの異常を持っているため、酸素が体内に十分に行き渡りにくくなります。

先天的な心室中隔欠損症に掛かる事例が多い犬種

上記の犬が発症率が高めではありますが、それ以外の全ての犬種で発症する可能性はあります。

治療

薬

対症療法として薬を内服する内科療法や運動制限を行います。

ただし、完治は望めません。

完治を目指しての治療ではなく、症状を緩和させ飼い犬への負担を減らすための治療となります。

チアノーゼや貧血の発作を繰り返すようであれば、あまり長くは生きられないでしょう。

予防方法

心電図

ファロー四徴症は先天性の病気のため、予防をすることはできません。

完治もいたしませんので、この病気と上手に付き合っていくことが重要です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です