胃捻転・胃拡張

スポンサーリンク

胃拡張は、急性的に胃が大きく膨らんだ状態で、胃捻転は拡張した胃が捻れてしまった状態のことをいいます。

胃拡張胃軸捻転症(Gastric Dilatation Volvulusを略してGDVともいう)とも呼ばれています。

特に大型犬や超大型犬でよく発症します。

このページでは胃拡張・胃捻転についての症状、原因、治療方法、予防方法をご説明します。

ただし、あくまでも参考として捉えてください。

決して当ページの内容だけで素人判断はせず、問題がありそうな場合は速やかに獣医師に相談してください。

症状

胃

胃拡張は急性的に胃が大きく膨らんだ状態で、胃捻転は胃が捻れてしまった状態のことです。

犬に起こる病気で、人間や猫では起こりません。

  • 腹痛によって痛がる
  • よだれ
  • 嘔吐しようとするが出ない
  • ゲップ
  • 水を大量にのむ
  • 胃が異常に膨らんでいる

胃拡張の症状は、腹痛、よだれ、嘔吐、ゲップ、水を大量に飲むなどが見られます。

そこからさらに、胃捻転を併発してしまった場合には、食道と幽門がふさがってしまい、ガスがどんどん溜まっていって胃が異常に膨らんできます。

犬には吐き気があるのですが、食道がふさがってしまっているために吐くこともできず、循環障害と激痛によってショック状態に陥り、胃の壊死を引き起こします。

この状態で安静にさせても、好転することはまずありません。一刻もはやい処置が必要になります。

胃捻転が発症した場合、命が助かるかどうかは、どれだけ速やかに処置ができたかに掛かってきます。

そのまま放置しておくと数時間で死に至ります。

胃捻転は大型犬や超大型犬が発症しやすい病気で、胃捻転で相当数の大型犬が命を落としています。

発症した際に運が悪ければ死ぬという病気ではなく、発症したら一秒でも早く開腹手術を行わないとほぼ確実に命を落とす病気です。

原因

グレート・デーン

胃から食べ物の移動が妨げられたときや、食べ過ぎたとき、大型犬が多量に食べ過ぎたり水を飲んだ後に急激な運動をした時に起こります。

胃捻転の原因は未だ解明せれていませんが、胃捻転が起こる前に胃拡張が起こっていると考えられています。

食べ物が胃の中の水分で膨れ上がった状態になります。
その状態で急激な運動を行って内臓に負担が掛かったことにより、胃がよじれたのが胃捻転です。

治療

手術

胃拡張の場合は胃カテーテルを使ってガスを抜き、胃洗浄を行います。

捻転を伴った場合は緊急の開腹手術が必要です。

一刻も早く開腹し、ひっくり返った胃を元に戻さなければ、臓器がどんどん壊死していき、死に至ります。

胃捻転は再発性の高い病気だと知られています。

予防方法

食事をする犬

  • 食事の回数を増やす
  • フードをあらかじめ水でふやかす
  • 食事の時に水を与えない
  • 普段から水を与え過ぎない
  • 食事の後は安静にさせる
  • 食事台を用意して首が水平になるようにする
  • 胃の腹壁固定手術を施す
  • 深夜でも大型犬の回復手術の対応が可能な動物病院を複数ピックアップしておく

成犬は1日1回か1日2回の給餌が一般的ですが、胃捻転の発生しやすい犬種に関しては1回の分量を減らし、1日3回や4回といった感じでこまめに与えるようにします。

これは、胃の中の食べ物が多いほうが胃捻転になりやすいため、少量ずつ与えるという方法です。

フードをあらかじめ水でふやかしておくことも良い方法になります。

ドライフードはどうしてもお腹の中で膨れますので、あらかじめ膨らましておけば、胃の中でそれ以上膨らむことはないので安心というわけです。

食べ物が必要以上にお腹の中で膨らんでしまわないように、食事の前後に水を与えることは避けましょう。

餌は床に皿を置いて四つん這いで食べさせるよりも、食事台を用意して首が水平になる方が負担が少なくなるそうです。

詳しくはペットの王国 ワンだランドのレビュー記事でも紹介しています。

一度でも胃捻転が発症したことがある犬や、グレート・デーンのようなかなりの高い確率で胃捻転が発症する犬には、胃の腹壁固定手術を施すことを検討しましょう。

この手術は胃捻転の予防手術とも呼ばれていて、グレート・デーンの場合、胃捻転で約30倍の死亡率低下が認められたそうです。

この手術は100%胃捻転を予防するものではないようですが、かなりの効果が期待できるため、グレート・デーンを飼育されている方の中では必須の手術のような扱いにもなっているようです。

胃捻転の発生は大型犬に多い

胃捻転は胸が深くて細い体型の犬がなりやすい病気です。

小型犬よりは大型犬、特に超大型犬によく見られます。

胃捻転が発症しやすい犬種

胃捻転の発生頻度は、大多賀県と超大型犬の約6%といわれていて、大型犬の死亡原因第2位になっています。

TV番組のポチたまペットの旅に出演していたラブラドール・レトリバーのだいすけが急死した原因も胃捻転でした。

グレート・デーンに関しては、生涯の胃捻転の発生率が40%ともいわれています。

グレート・デーンを飼うということは、胃捻転にことを常に頭の片隅に置いておかないといけないということになりますね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です