包皮炎

スポンサーリンク

包皮炎とは、オス犬のペニスの包皮に炎症が起こる病気です。

このページでは包皮炎についての症状、原因、治療方法、予防方法をご説明します。

ただし、あくまでも参考として捉えてください。

決して当ページの内容だけで素人判断はせず、問題がありそうな場合は速やかに獣医師に相談してください。

症状

注射器

包皮炎はペニスを包む包皮に炎症が起きることにより、黄色っぽいクリーム状の膿が出る病気です。

犬はペニスをしきりに気にするようになり、ペニスをかばったり、しばしば自分で舐めます。

子犬によく見られます。

症状が悪化すると痛みが激しくなり、排尿が難しくなります。

命の危険になることは少ない病気ですが、甘く見過ぎると悪化してしまい、治療が困難になることがありますので、その点には注意が必要です。

原因

ペニスの包皮内に病原性細菌が感染して炎症を起こしたものです。

犬の包皮内には通常から細菌は存在していても、免疫力があるため、病気は発症しないのが普通です。

体調不良やホルモンバランスの変化により、バランスが崩れている時には、細菌が包皮炎を発症させる原因となります。

掛かりやすい犬種

長毛種のほうが発症しやすいとされています。

治療

包皮をむいて、ペニスの状態を調べます。

細菌の感染がわかれば、その細菌に最も効果的な治療が行われます。

ペニスの包皮内を洗浄し、抗生物質を投与します。

包皮内を洗浄し、抗生物質を投与します。

重症の場合は去勢手術が必要になることもあります。

予防方法

聴診器

  • 散歩の後や、おしっこの後に、ペニスをシャワーなどで洗浄する
  • ペニスの先端の毛を短めにカットする
  • 膀胱炎尿管結石などを治療しておく
  • 去勢手術を行う

普段から時々、ペニスの包皮をむいて膿や腫れなどがないかチェックしましょう。

異常が見られたらすぐに動物病院で詳しく診断してもらうようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です