糖尿病

スポンサーリンク

糖尿病とは、血中のブドウ糖を吸収する働きを持つインスリンというホルモンが膵臓から分泌されにくくなることによって引き起こされる病気です。

このページでは犬の糖尿病についての症状、原因、治療方法、予防方法を解説いたします。

ただし、あくまでも参考として捉えてください。

決して当ページの内容だけで素人判断はせず、問題がありそうな場合は速やかに獣医師に相談してください。

症状

食欲が旺盛なのに体重が減ってきたり、多飲多尿、倦怠感が一般的な症状です。

おしっこの量が増え、腹部が膨れることもあります。

進行すると白内障になってしまう場合もあります。

原因

角砂糖

膵臓から分泌されるインスリンの不足が原因です。

それは遺伝的体質、膵臓の炎症、ホルモン、肥満、妊娠、ストレス、加齢などの様々な要因によっておこります。

糖尿病にはI型糖尿病(インスリン依存性糖尿病)とII型糖尿病(インスリン非依存性糖尿病)の2タイプに分かれています。

I型糖尿病(インスリン依存性糖尿病)

I型糖尿病では膵臓からインスリンが分泌されなくなることにより、血中の糖が細胞に吸収されなくなります。

II型糖尿病(インスリン非依存性糖尿病)

II型糖尿病では、膵臓からインスリンは分泌されるものの、効き目が弱くなっているため、糖が吸収されにくくなります。

食べ過ぎ

沢山の餌を一気に食べるようになると、餌を与えるたびに大量のインスリンが分泌されるようになります。

その状態が長期に渡って続くと、細胞がインスリンに反応しづらくなり糖尿病になります。

この病気に掛かると尿から糖が検出されるようになるため、糖尿病と呼ばれています。

加齢

糖尿病に掛かる犬の多くは高齢になった犬です。

子犬での発症は稀です。

性別

メス犬の持つ女性ホルモンの関係で、メス犬は糖尿病の発生率が相当高まります。

犬種

どの犬種でも糖尿病に掛かる可能性はありますが、特に多いのが上記の犬種になります。

先天性のもの

先天的に膵臓の機能不全がみられる犬もいます。

治療

薬

症状が軽い場合

それほど血糖値が高くない場合は、炭水化物や脂肪を減らした糖尿病の療養食を適切な量与えます。

分量がおおすぎるといけませんので、動物病院で獣医の先生とよく相談し、餌の量、餌を与えるタイミングを決定します。

今では糖尿病を抱えた犬にも対応した療養食も市販されていますので、獣医師に相談し導入を検討するといいでしょう、

食事制限に加え、しっかりとした運動で肥満を解消し、血糖を消費することも有効な治療法となります。

症状が重い場合

症状がある程度重い場合、インスリンの注射を行います。

インスリンの注射は獣医師の指示を受けた飼い主が毎日行うことになります。

インスリンの量は少なすぎると血糖値が十分にさがりませんし、おおすぎると低血糖になり意識を失ったり、命の危険もあるため、決められた分量とタイミングを守るようにしましょう。

予防方法

聴診器

規則正しい食事量と適度な運動量を心掛け、普段から肥満にならないように注意することが一番の予防策です。

すでに肥満になってしまった犬の場合は、ダイエットフードダイエットフードやしっかりとした運動で、まずは痩せさせることを第一としましょう。

メスの場合は避妊手術を受けること女性ホルモンを抑制され、糖尿病になりにくくなります。

繁殖の予定がないメス犬の場合は、避妊手術を検討するのもいいでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です