犬パラインフルエンザウィルス感染症(ケンネルコーフ)

スポンサーリンク

犬パラインフルエンザウィルス感染症はパラインフルエンザウィルスなどのウィルスや細菌に感染して起こる伝染病です。

ブリーダーやペットショップ、訓練所などで発生することが多いのでケンネル・コーフ(犬舎の咳)とも呼ばれています。

このページでは犬パラインフルエンザウィルス感染症(ケンネルコーフ)の症状や原因、予防方法を解説いたします。

症状

主な症状はしつこい咳で、発熱を伴い、進行すると鼻水や涙なども伴います。

咳の後に痰が絡んで吐くこともあります。

そのような症状が出た結果、食欲不振などで体力を落ちたことにより、気管支炎や肺炎を併発して死に至ることさえあります。

特に体力の少ない子犬や老犬は衰弱して死んでしまう可能性が高まりますので注意しましょう。

気管支炎や肺炎を併発しなければそれほど恐ろしい病気ではないのですが、致死率が非常に高いジステンパーによく似た症状を表わすことからも「風邪くらい大丈夫だろう」とは考えずに念には念を入れて、動物病院へ連れて行き、獣医師の診断を受けてるようにしましょう。

原因

パラインフルエンザウィルスやアデノウィルスなどのウィルスや細菌の単独感染や混合感染によって発症します。

感染経路は咳やくしゃみによる飛沫感染で、繁殖犬舎やペットショップ、犬の訓練施設など、犬がたくさん集まる場所で発生することが多い病気です。

不正性な環境での飼育や、子犬、体力の衰えた老犬などが発病しやすいといわれています。

飛沫感染で広がっていくために、病気に掛かった犬は隔離することが重要です。

不衛生な環境で飼育されていたり、幼犬や体力の衰えた犬などが発病しやすいといわれています。

多頭飼いしている家庭の場合ですと、1匹が発症すれば、多くの場合は、他の飼い犬にも感染してしまいます。

治療

薬の錠剤

咳に対する対症療法が中心ですが、細菌が病原体の場合は抗生物質を投与することもあります。

予防方法

注射針

毎年の予防接種を受けることにより、防ぐことができます。

年に一度の混合ワクチンの接種を忘れないようにしましょう。

犬パラインフルエンザ以外のの恐ろしい病気も予防することができます。

また、人間のインフルエンザ同様、普段から愛犬の健康状態に気をつけるのも予防の一つです。

混合ワクチンの料金

混合ワクチンの値段は5000円〜8000円くらいが相場のようです。

これは動物病院によっても違いますし、接種するワクチンの種類によっても値段が変わってきます。

掛かり付けの動物病院に問い合わせてみると良いでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です