レプトスピラ症(犬チフス)

スポンサーリンク

レプトスピラ症はレプトスピラ菌から感染する病気です。

このページではレプトスピラ症症状や原因、予防方法を解説いたします。

症状

激しい下痢や嘔吐、腹痛を引き起こし、黒ずんだ血便を排泄するようになります。

激しい下痢症状から、犬チフスという別名でも呼ばれています。

腎臓の機能が侵されるため、黄疸や出血性の小斑が体中にあらわれて、尿毒症や脱水症状を引き起こし、死に至ります。

犬によく発症するカニコーラ型と、ワイル氏病を引き起こすワイル氏型の二種類があります。

カニコーラ型

カニコーラ型では腎炎が起こり、尿毒症が進行すると、嘔吐や下痢、血便が見られます。

脱水症状に陥ることもあります。

ワイル氏型

ワイル氏型はカニコーラ型よりも症状が更に激しくなります。

カニコーラ型でも見られる嘔吐や下痢、血便などの症状に加え、黄疸が見られます。

原因

病原体はスピロヘータという細菌の中のレプトスピラ菌が原因で感染します。

病原菌を保菌した、主に犬やネズミなどの動物の尿です。

直接、尿に触れなくても、保菌動物の尿によって汚染された 土や水、食べ物を介して経口感染したり、傷口から感染します。

また、激しい症状が出ずに軽い下痢程度の症状で慢性化する場合があります。

慢性化した犬は病原菌を含んだ排泄物を撒き散らし続けることになりますので、こうした病原菌を保菌した犬がいると、付近一帯に菌が広まる可能性があります。

治療

錠剤

原因となる菌の対策として抗生物質を投与し、同時に、脱水症状に対しては輸液などの対症療法を行います。

この病気は人間や他の動物、家畜にも感染するものですので、十分な消毒を行いましょう。

予防方法

注射針

ネズミや犬に限らず、様々な家畜、人間にも感染する人畜共通伝染病です。

毎年の予防接種を受けることにより、簡単に防ぐことができます。

年に一度の混合ワクチンの接種を忘れないようにしましょう。

レプトスピラ症以外の恐ろしい病気も予防することができます。

混合ワクチンの料金

混合ワクチンの値段は5000円〜8000円くらいが相場のようです。

これは動物病院によっても違いますし、接種するワクチンの種類によっても値段が変わってきます。

掛かり付けの動物病院に問い合わせてみると良いでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です