歯石

スポンサーリンク

歯石は人間だけではなく、犬にも溜まります。

初期の段階では少し臭う程度ですが、細菌の溜まり場です。進行するとたいへんな病気を引き起こすこともありますので、軽く考えてはいけません。

このページでは歯石についての症状、原因、治療方法、予防方法をご説明します。

ただし、あくまでも参考として捉えてください。

決して当ページの内容だけで素人判断はせず、問題がありそうな場合は速やかに獣医師に相談してください。

症状

犬の歯石

口臭が強くなり、食欲が減退します。ひどくなると歯がグラグラして抜けてしまうこともあります。

犬の口を開けてみると、特に奥歯の根本が茶色や黒になっています。

ひどくなると歯石が奥歯全体を覆っていることもあります。

歯石ができると、歯石自体が歯肉を傷つけますし、細菌の溜まり場にもなっていますので、炎症部位から細菌が侵入していきます。

放置しておくと歯槽膿漏、歯肉炎、歯周炎、歯根炎、心臓弁膜症などの原因になります。

たかが歯石と軽く見ることはできません。

原因

歯の根元に食べかすがたまり、唾液中のカルシウム分によってかたまったものが歯石です。

読んで字の通り、石のように硬いカルシウム質のものです。

治療

歯科治療ようのライト

動物病院で除去してもらいます。

人間とは違い、犬は歯の治療をおとなしく受けてはくれません。

全身麻酔をしてから、スケーラー(歯垢取り)超音波スケーラーをもちいて歯石を除去します。

治療費は各動物病院によって異なりますが、日帰りで15,000円程度が一般的です。

膿が出ていたり、歯がグラグラしている場合には抜歯することもあります。

かなり大掛かりな治療になりますし、全身麻酔にはリスクもありますので、このような状態にならないように、普段から歯石をためないように予防していくことが重要です。

一部の動物病院では無麻酔での歯石取りを行ってくれるところもあるようです。

麻酔は犬に大変な負担が掛かりますので、可能であれば無麻酔の歯石取りを行いたいところですね。

自宅で歯石取りに挑戦する

両頭鎌型スケーラー H5-H33

スケーラーを購入してしまえば、自宅でも歯石取りにチャレンジすることが可能です。

麻酔を使わない(使えない)ために、犬は嫌がってしまうかもしれませんが、おとなしい子なら挑戦して見る価値はありそうです。

スケーラーはさほど高価なものでもありませんし、一度購入すれば使い続けますのでお得だと考えることもできます。

犬の歯石取りの動画

犬の歯石取りの解説動画です。

本編は11分18秒です。

この動画を見てやれそうだと感じた人は、チャレンジしてみましょう。

予防方法

犬のおもちゃ ロープ○わんちゃん やわらかいロープ素材で安心○(上記画像クリックで商品詳細へ)

ロープやはみがき効果の高いおもちゃをかませることによって歯磨きを行います。

タオルやロープを使った飼い主さんとの引っ張り合いも効果的です。

相当おもちゃに執着して、年中噛んでいるというのなら、それだけでこと足りるかもしれませんが、普通はそこまではなりませんので、飼い主が犬用の歯ブラシで歯磨きを行います。

食後には犬用の歯磨きガムを与えるのも効果的ですが、やはり、飼い主さんの手磨きに比べると、気休め程度でしかありません。

とはいえ、高価なものではありませんし、味も美味しいようで喜んで食べますので、我が家の犬には食後に1本、犬用のガムを与えています。

普段の歯磨きなどの予防が重要です。歯石がたまってしまった場合は動物病院で除去してもらう必要があります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です