腎盂腎炎

スポンサーリンク

腎盂腎炎は腎盂が炎症した状態のことをさします。

突然症状があらわれる急性の腎盂腎炎と、長い年月を掛けて進行していく慢性の腎盂腎炎があります。

このページでは犬の腎盂腎炎についての症状、原因、治療方法、予防方法をご説明します。

ただし、あくまでも参考として捉えてください。

決して当ページの内容だけで素人判断はせず、問題がありそうな場合は速やかに獣医師に相談してください。

今回の記事の目次

症状

  • 元気がない
  • 多飲多尿
  • 尿の色が濁る
  • 臭いの強い尿が出る
  • 血尿
  • 腰痛
  • 発熱

症状が急激にあらわれる急性腎盂腎炎と、長期間続く慢性腎盂腎炎がありますが、殆どの場合、慢性的な腎盂腎炎になります。

臭いの強い濁った尿を大量に出すようになります。

急性腎盂腎炎でが発熱、腰痛、嘔吐、多飲多尿と言った症状がみられますが、無症状であることも多いため、症状が出たときには病気がかなり進行していることも少なくありません。

原因

ブルドッグ

腎臓の中にある腎盂という箇所に細菌が感染して炎症が発生した状態のことを腎盂腎炎といいます。

膀胱炎や尿道炎といった感染症が尿路を伝わって腎盂で炎症を起こすというのが主な感染経路です。

更に進行していくと腎不全に陥ることもあります。

治療

腎盂の炎症を抑える薬を投与します。

そして、腎盂腎炎が発症している原因は細菌ですので、細菌対策として長期間に渡り抗生物質を投与します。

再発しないように完治させることが重要です。

予防方法

散歩の際や、家の中でのトイレの際も、異常がないか気にかけるようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です