抱っこ

スポンサーリンク

抱っこは犬を抱っこする際に使うコマンドです。

コマンド一つで素直に抱っこできる状態に訓練できていれば、例えば散歩から帰ってきたあとの玄関からお風呂場までの移動に役立ちます。(ちなみにうちの犬はそこそこ体重が重いので、抱っこはせずにお風呂場まで土足で歩かせています(笑))

このページでは「抱っこ」の教え方について解説いたします。

抱っことは

抱っこは大きく分けて2種類のタイプに分類されます。

一つは、抱っこしやすいような体勢になってもらうもの。

私の家で飼育している犬は、「抱っこ」と声をかけると、両足を私のお腹の方にもってきて、抱っこしやすい体勢になってくれます。

もう一つは、ドッグダンス等のトリックで使われる抱っこで、飼い主の胸にジャンプで飛びかかってきたきたものを空中でキャッチするものです。

この記事では、私が飼育している犬に教えている方の、抱っこがし易いような体勢になる抱っこのコマンドを中心に解説いたします。

抱っこの教え方

おやつやおもちゃを用意して教える方法もりますし、おやつも使わない教え方もあります。

どの教え方をするにせよ、「抱っこのコマンドに従えば良いことが起こる」ということを犬に学習させることがポイントになります。

ご褒美について

「抱っこ」のしつけを行う際に必要になってくるのが、犬へのご褒美です。

ご褒美といえばおやつのイメージが強いかもしれませんが、必ずしも食べ物が必要だというわけではありません。

おやつ
低カロリーなものを与えます。必ずしもおやつとして売られているものである必要はなく、普段与えているドライフード1粒でもご褒美になります。
おもちゃ
ボールやぬいぐるみなど、普段から好んで遊ぶおもちゃを用意します。
ほめる
「良い子」、「かしこい」など言葉でほめながら、なでます。

上記のどれもが、犬にとってはご褒美になるのです。

おやつを用いた教え方

  1. おやつを見せます
  2. おやつをポケットに入れるか、犬の届かない場所に置きます
  3. 「抱っこ」と声をかけ、抱っこの体勢をとらせます
  4. 抱き上げてよく褒めます
  5. すぐにおやつを与えます

抱っこのコマンドに従い、大人しく抱っこさせると良いことが起きるということを徹底的に教え込むことが重要です。

何度もやっているうちに、抱っこのコマンド自体が楽しいものとなりますので、おやつがなくても「抱っこ」のコマンドを聞くようになります。

何しろ褒める

犬は褒めてもらうのが大好きで、次も褒めてもらいたくて同じ行動をとるようになる習性があります。

なでる、言葉で褒めるといった愛情も、犬にとってはご褒美です。

もちろん、すぐにできるようになる子もいれば、なかなか、最初は覚えられない個体もいるでしょう。

大事なことは諦めずにじっくりと教えてあげることです。

呼ばれてついてくることが楽しいと思うようになってくれば、主従関係の強化にも役立つというものです。

絶対に叩いてはいけません

間違っても、抱っこが上手にできないからといって暴力を振るってはいけません。

犬にとって「抱っこ」という言葉が、なぜか理由はわからないが飼い主に叩かれる嫌なコマンドだというトラウマを植え付けてしまいます。

そうなってしまうと、「抱っこ」という言葉を聞くだけでストレスを貯めてしまうようになります。

また、犬によっては抱きかかえられる事自体が嫌いな子も存在します。

抱っこが嫌いな犬の場合は、通常のコマンドよりも、抱っこのコマンドを覚えるのに時間がかかることは覚悟しておきましょう。

まずは抱っこ(抱きかかえれること)嫌いを矯正するところから始める必要があるかもしれません。

実践編

犬を抱っこする男性

コマンドは統一させる

しつけに用いるコマンドはどのようなコマンドでも構いませんが、家族で統一させましょう。

例えばお父さんが抱っこという言葉で教えているのに、お母さんはハグという言葉で教えると、犬は混乱してしまいます。

共通のコマンドで教えることを徹底してください。

また、褒める際も、「かしこい」「えらい」「グッド」「ナイス」など、バラバラの褒め言葉が存在すると混乱してしまいます。

家族で共通の褒め言葉を決めておきましょう。

誉め言葉を掛けられること自体が嬉しいと思ってもらう

  • 「かしこい」+おやつ
  • 「かしこい」+おもちゃ
  • 「かしこい」+なでる

上記のような組み合わせで褒め続けることによって、犬の心境が
おやつがもらえて嬉しい!
から
かしこいと言われた。嬉しい!
に変化していきます。

最初は褒めることと餌を組み合わせておいて、徐々に餌をなくしていく方向で教えるのもいいやり方です。

外でも教えてみよう

家の中での抱っこになれたら、散歩中の信号待ちや、公園など、場所を替えてやってみましょう。

フリスビーやボールを投げる前に、おすわりやフセをさせてから投げるのは良いトレーニングですが、更にだっこも混ぜてみましょう。

フリスビーを投げて欲しくてたまらない状態で興奮している犬が、抱っこのコマンドでしっかりと従うようになれば、主従関係の強化にも大変役立ちます。

犬の集中力はあまり持続しない

犬種にもよりますが、犬の集中力はあまり長時間持続しないといわれています。

集中力が持続可能な時間は5分から長くても15分くらいでしょうか。

集中力が切れてしまっているのに無理やりトレーニングを続けると、犬はそのトレーニング自体が嫌いになってしまい逆効果になります。

長時間トレーニングするのではなく、短時間のトレーニングを何回かにわけて行うようにするのが効果的です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です