よし

スポンサーリンク

よしおすわりふせまてといったコマンドと組み合わせて使うコマンドです。

例えば餌を与える際に、ご飯の前で「おすわり」と「まて」をさせ、しっかり言うことが聞けたら「よし」のコマンドで食べることを許可します。

このページでは「よし」の教え方について解説いたします。

よしとは

命令したコマンドを解除するコマンドが、「よし」です。

ご飯やおやつを「まて」のコマンドで我慢させて従順な犬になる訓練に使えますし、散歩中に他の犬と遭遇した際にも、おすわりやふせとマテでやり過ごして、トラブルを未然に防ぎます。

よしの教え方

おやつやおもちゃを用意して教える方法もりますし、おやつも使わない教え方もあります。

どの教え方をするにせよ、「よしのコマンドに従えば良いことが起こる」ということを犬に学習させることがポイントになります。

組み合わせる「まて」や「おすわり」さえ覚えていれば、すぐに「よし」も覚えるでしょう。

ご褒美について

「よし」のしつけを行う際に必要になってくるのが、犬へのご褒美です。

ご褒美といえばおやつのイメージが強いかもしれませんが、必ずしも食べ物が必要だというわけではありません。

おやつ
低カロリーなものを与えます。必ずしもおやつとして売られているものである必要はなく、普段与えているドライフード1粒でもご褒美になります。
おもちゃ
ボールやぬいぐるみなど、普段から好んで遊ぶおもちゃを用意します。
ほめる
「良い子」、「かしこい」など言葉でほめながら、なでます。

上記のどれもが、犬にとってはご褒美になるのです。

おやつを用いた教え方

  1. 飼い主の近くでおすわりをさせます
  2. 「まて」のコマンドを出しておやつを置きます。
  3. 「まて」のコマンドを出した状態で少し下がります。
  4. 犬が勝手におやつを食べようとしたら「まて!」といってすぐにおやつを取り上げます。
  5. しっかり待つことができたら「よし」と声を掛けて、おやつを与えます。

餌を使わない教え方

  1. 信号待ちや踏切待ちの際に、飼い主の近くでおすわりをさせます
  2. 「まて」のコマンドで待機させます。
  3. 信号が青に変わったり踏切が上がったら「よし」と声を掛けて歩き出します。

普段の散歩から上記のやり方を何度も反復練習していれば、自然とできるようになるでしょう。

おもちゃで教える

犬の大好きなボールなどのおもちゃがあれば、「まて」のコマンドでしっかり待たせてからボールを投げるようにすることもおすすめです。

「まて」のコマンドで待たせておいて、投げるふりをします。

釣られて走りだしたら1からやり直しです。

しっかり待つことができれば、「よし」というコマンドと共にボールを投げます。

私の飼育しているボーダー・コリーの場合は、フリスビーを投げる際に「まて」のコマンドで走り出すタイミングをコントロールしています。

「まて」のコマンド無しで、あまり早めに走りだすと、フリスビーより前に走ってしまうので、ある程度待たせてから走りださせて丁度いいタイミングになります。

何しろ褒める

犬は褒めてもらうのが大好きで、次も褒めてもらいたくて同じ行動をとるようになる習性があります。

なでる、言葉で褒めるといった愛情も、犬にとってはご褒美です。

もちろん、すぐにできるようになる子もいれば、なかなか、最初は覚えられない個体もいるでしょう。

大事なことは諦めずにじっくりと教えてあげることです。

とはいえ、「おすわり」や「まて」を覚えている犬に教える追加のコマンドですから、すぐに覚えるはずですので、あまり心配はいらないでしょう。

絶対に叩いてはいけません

間違っても、「よし」が上手にできないからといって暴力を振るってはいけません。

犬にとって「よし」という言葉が、なぜか理由はわからないが飼い主に叩かれる嫌なコマンドだというトラウマを植え付けてしまいます。

そうなってしまうと、「よし」という言葉を聞くだけでストレスを貯めてしまうようになります。

実践編

正面から撮影した犬

コマンドは統一させる

しつけに用いるコマンドはどのようなコマンドでも構いませんが、家族で統一させましょう。

例えばお父さんがお手をまてという言葉で教えているのに、お母さんはおあずけという言葉で教えると、犬は混乱してしまいます。

共通のコマンドで教えることを徹底してください。

また、褒める際も、「かしこい」「えらい」「グッド」「ナイス」など、バラバラの褒め言葉が存在すると混乱してしまいます。

家族で共通の褒め言葉を決めておきましょう。

ただ、褒める際に「よしよし」という言葉で褒めてしまうと、「よし」のコマンドと混同して混乱してしまう可能性が高まりますで、「よし」を「OK」や「良いよ」に変更するか、「よしよし」という誉め言葉を「かしこい」などに変更するといいでしょう。

コマンドや誉め言葉は、統一させてさえいれば問題ありません。

誉め言葉を掛けられること自体が嬉しいと思ってもらう

  • 「かしこい」+おやつ
  • 「かしこい」+おもちゃ
  • 「かしこい」+なでる

上記のような組み合わせで褒め続けることによって、犬の心境が
おやつがもらえて嬉しい!
から
かしこいと言われた。嬉しい!
に変化していきます。

最初は褒めることと餌を組み合わせておいて、徐々に餌をなくしていく方向で教えるのもいいやり方です。

場所を変えてやってみる

犬はコマンドを、「家の中でおやつやおもちゃを見せられた時にするものだ」というイメージで覚えます

慣れてきたら散歩先の公園や、信号待ちの途中にやってみましょう。

普段の散歩中に突然立ち止まって「まて」や「おすわり」をさせ、「よし」で解除してまた歩き出すというのも、犬にとってはご主人との楽しい遊びになります。

「家の中でおやつやおもちゃがあるときにやるべきこと」から、「飼い主にまてといわれたら、どこでも従うべきこと」という認識に変化していきます。

犬の集中力はあまり持続しない

犬種にもよりますが、犬の集中力はあまり長時間持続しないといわれています。

集中力が持続可能な時間は5分から長くても15分くらいでしょうか。

集中力が切れてしまっているのに無理やりトレーニングを続けると、犬はそのトレーニング自体が嫌いになってしまい逆効果になります。

長時間トレーニングするのではなく、短時間のトレーニングを何回かにわけて行うようにするのが効果的です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です