膝の前十字靭帯断裂

スポンサーリンク

膝の前十字靭帯断裂は膝にある前十字靭帯が切れてしまったことにより膝に体重が掛けられなくなった症状のことをいいます。

このページでは膝の前十字靭帯断裂についての症状、原因、治療方法、予防方法を解説いたします。

ただし、あくまでも参考として捉えてください。

決して当ページの内容だけで素人判断はせず、問題がありそうな場合は速やかに獣医師に相談してください。

症状

犬の膝の画像

膝にある前十字靭帯が断裂してしまい、膝に体重が掛けられなくなります。

そのため、足を上げたり、地面にちょっとだけ付けてひょこひょこと歩くようになります。

痛みがでるのは断裂した最初だけで、数日も経てば痛みは弱まります。

しかし、症状はそこからも徐々に進行しますので、関節炎を起こしたり、常に跛行が見られるようになります。(跛行とは足を引きずりながら歩くことです)

原因

  • 加齢により膝の前十字靭帯の強度が低下
  • 肥満による膝への負担増
  • 事故
  • フライングディスクなどの激しい競技での欠損

なりやすい犬種

  • ゴールデン・レトリーバー
  • ダックスフンド
  • ラブラードール・レトリーバー
  • ロットワイラー
  • 激しい競技に参加する犬

上記の犬種は他の犬種に比較して前十字靭帯が切れやすいことがあるようです。

他には激しい動きをするディスク犬(フリスビー競技)にも良く見られます。

治療

中型以上の犬はなるべく早い段階で外科手術をしたほうがよいでしょう。

小型犬の場合は、関節外からサポーターなどで固定する治療法でも治る確率は高いようです。

予防方法

普段から食事には気を配り、肥満にならないように注意しましょう。

フローリングの上は滑りやすいため、じゅうたんやコルクマットを敷いたり、肉球からはみ出た毛をバリカンでカットします。

ペットクラブ ペット用バリカン全身カット用 ER807PP-A 青
ペット用バリカン

日頃から激しすぎる運動は避けるようにします。

ディスク競技(フリスビー)などで、激しい動きが必要となる場合は、特にシビアな体重のコントロールと、入念なストレッチングを行いましょう。

後ろ髪が引かれる思いとなっても、規定の投数を投げたら短時間でスパっとその日の訓練は中止するようにします。
スカイドッグフリスビーディスク L
フリスビーディスク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です