僧帽弁閉鎖不全症(心臓弁膜症)

スポンサーリンク

僧帽弁閉鎖不全症とは、心臓の弁がうまく閉まらなくなり、血液が逆流してしまう病気です。

心臓弁膜症とも呼ばれています。

このページでは犬の僧帽弁閉鎖不全についての症状、原因、治療方法、予防方法を解説いたします。

ただし、あくまでも参考として捉えてください。

決して当ページの内容だけで素人判断はせず、問題がありそうな場合は速やかに獣医師に相談してください。

症状

心臓

初期症状では夜間から明け方にかけ、乾いたような咳をするようになります。

血液のめぐりが悪くなったことにより、ちょっとした運動でも疲れやすくなり、息苦しくなって座り込むことが増えてきます。

肉球や歯茎の色がしろっぽくなったり、舌の色が紫色になっていることから、血液の循環が正しく機能していないことがわかります。

症状が進むと咳をする間隔が徐々に短くなっていき、ひどい場合には呼吸困難を起こして貧血になって倒れてしまうことまります。

原因

キャバリア・キングチャールズ・スパニエル

僧帽弁は心臓の左心房と左心室の間に位置する二枚の弁で、心臓が収縮する際には閉鎖し、左心房への血液の逆流を防いでいます。

僧帽弁閉鎖不全症は、この弁が完全に閉鎖できなくなり、心臓が収縮する際に全身に送り出されるべき血液が弁の隙間から左心房に逆流していく症状のことをさします。

僧帽弁が閉まらなくなる原因の多くは加齢によって弁が変形したり、弁を動かす腱が弱くなったことによるものです。

血液が逆流し左心室の内圧が高まることによって発症します。

これにより肺には負担が掛かるようになり、肺水腫や呼吸困難を引き起こします。

小型の室内犬に多い病気で、キャバリアの場合は16歳になる頃には75%がこの病気を持つ

シー・ズー、チワワ、プードル、マルチーズ、柴犬、ヨークシャー・テリア、ポメラニアン、キャバリア・キングチャールズ・スパニエルなどの小型の室内犬に多い病気です。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは遺伝的な理由で、この僧帽弁閉鎖不全症にとてもなりやすい犬種です。

1歳の頃ですでに33%の確率でこの病気をもち、4歳以上では60%がこの病気にかかり、16歳になる頃には75%の個体がこの病気を持つといわれています。

上手に付き合っていくほかない病気といえるでしょう。

治療

薬

強心剤や利尿剤の投与などの内科療法を行います。

内服薬は一生飲み続けていく必要がありますが、症状の改善が見られれば薬の量を減らすことはできます。

あくまでも薬は、完治させるためのものではなく、心臓への負担をなるべく減らして、症状の進行を出来る限り遅らせるためのものです。

注意点

犬は自分で運動を抑えることができませんので、飼い主が注意深く運動を制限させる必要があります。

興奮させたり、びっくりさせたり、長時間の散歩や、速い速度で走らせるなどしないようにしてください。

トリミングサロンや、ペットホテルに預ける際には、心臓に病気があることをしっかりと伝え、出来る限り興奮させないようにしてもらってください。

基本的にこの病気が良くなっていくことはありません。少しづつ悪い方向に進行していきます。

その進行具合を知るためにも、定期的に動物病院で検査をしてもらい、適切な治療を受けるようにしましょう。

また、他の心臓病同様に、塩分の強いものは与えないようにします。

予防方法

心電図

心臓の疾患は早期に発見して、早期に治療を開始することによって、用いる薬の種類を減らすこともできますし、高い延命効果があります。

しかし、病気の進行が進んだ状態での治療は、用いる薬の種類や量も多くなり、延命効果は少なくなってしまいます。

どのような病気でもいえることですが、早期発見、早期治療が大事になります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です