胃潰瘍

スポンサーリンク

胃潰瘍とは胃に潰瘍ができている症状のことをさします。

このページでは胃潰瘍についての症状、原因、治療方法、予防方法をご説明します。

ただし、あくまでも参考として捉えてください。

決して当ページの内容だけで素人判断はせず、問題がありそうな場合は速やかに獣医師に相談してください。

今回の記事の目次

症状

何度も嘔吐を繰り返します。

吐血することもあり、吐いたものに胃の出血が混じっているためコーヒー色をしています。

嘔吐物が真っ赤な鮮血が混じっている場合は、肺からの出血ですが、どちらにせよ、一刻も早く治療する必要があることに変わりはありません。

他には発熱や血便(黒色便)、腹部の痛みといった症状が見られます。

進行すると胃に穴が開き、死亡することもあります。

原因

胃のイラスト

慢性胃炎や腎不全や肥満細胞腫という腫瘍が原因となっておこります。

アジソン アジソン病(副腎皮質機能低下症)や、腎不全、肝不全などの胃以外の病気や、敗血症、熱中症やけどなどの身体的なストレスが病気が原因となることもあります。

他には回虫症(犬回虫・犬小回虫)などの寄生虫が原因となることもあります。

ボルゾイのような大型犬やグレート・デーンなどの超大型犬に多いことからも、遺伝的要因も関係していると考えられています。

治療

手術

内視鏡を使って検査を行います。

腫瘍が原因の場合は、外科手術で腫瘍の切除が行われます。

腎不全や肝不全が原因の場合は、それに対処可能な薬が投与されます。

また、胃酸を抑える薬や抗ヒスタミン薬が投与されます。

出血がひどい場合には輸血が。嘔吐を繰り返して脱水症状を引き起こしている場合には輸液が行われます。

腫瘍がひどい場合は手術が必要となることもあります。

予防方法

胃潰瘍を引き起こす原因となっている病気を予防することが重要です。

普段から愛犬の様子を気にかけ、様子がおかしければすぐに動物病院で診断を受け、早期発見、早期治療を心掛けましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です