眼瞼外反症

スポンサーリンク

眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう)とは、まぶたが外にめくれてしまった状態のことをさします。

このページでは犬の眼瞼外反症について解説します。

当ページの内容はあくまでも参考として捉えて下さい。

決して当ページの内容だけで素人判断はせず、異常が見られる場合には、速やかに獣医師に相談してください。

症状

病気の症状

まぶたが外側にめくれてしまったことにより、涙や目やにが増え、犬は目をしきりに気にするように、前足を使って目をこするような動作が見られます。

主に下のまぶたがめくれることが多いです。

まぶたの内側が常に空気に晒されているため、乾燥してしまい、細菌などに対しての抵抗力がなくなってしまいます。

結膜炎角膜炎を併発することも多い病気です。

原因

眼瞼内反症とは真逆の原因で起こります。

まぶた(主に下のまぶた)が目の外側にめくれてしまったことにより、まぶたの粘膜を痛めてしまう可能性があります。

ブルドッグやセントバーナードなどの、顔の皮膚がたるんでいる犬種に特によくみられる症状です。

また、外傷や結膜炎などが原因になることもあります。

治療

目薬

軽度の症状ならば、結膜炎や角膜炎の治療を行ううちに、症状はよくなります。

他には、まぶたの洗浄や人工涙液などを投与します。

あまりに外反がひどい場合には、手術をすることもあります。

予防方法

セントバーナードのまぶた

飼い主は目のチェックをしておく、涙や目やにが多くなってきた時には、動物病院で検査を受けるようにしましょう。

重症の場合には手術が必要となります。

外反症は生まれつきの先天性の場合がほとんどで、予防は難しいといえるでしょう。

子犬を迎え入れてすぐに動物病院で目の検査を受けておくといいでしょう。

普段から愛犬の様子をしっかりと観察しておけば、早期発見は可能です。

外見外反症が原因で発症する角膜炎は非常に慢性化しやすいため、子犬の頃から目の状態をしっかりと確認し、異常があればすぐに獣医師に適切な処置を受けるように心掛けましょう。

かゆみや痛みが出ていることもあり、犬は目をしきりに気にして前足で目をかこうとします。

前足で目をこすって更に悪化させてしまうことがありますので、注意が必要です。

目を気にして引っかないようにする対策

犬がしきりに目を気にして掻いてしまう行為の防止策としては、エリザベスカラーの装着があげられます。

犬は違和感を覚えている部位をどうしても前足で掻いてしまいがちですので、悪化させないためにもエリザベスカラーはオススメです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です