犬の骨折

スポンサーリンク

事故などの要因で犬が骨折してしまうことはよくあることです。

交通事故やドアなどの挟まれ事故。高いところから飛び降りた時の骨折などがあります。

骨折する部位は、大腿骨や上腕骨などの足の骨が多く、次いで骨盤が多いようです。

このページでは犬の骨折の症状、原因、治療方法、予防方法を解説いたします。

ただし、あくまでも参考として捉えてください。

決して当ページの内容だけで素人判断はせず、問題がありそうな場合は速やかに獣医師に相談してください。

症状

骨折をして包帯を巻いた犬

骨折した患部が腫れ、犬はとても痛がります。

更に、内出血や四肢の変形、足の機能障害、歩行の異常など、様々な症状がみられます。

足の骨折の場合だと、足を使わないで歩いたり、足を引きずりながら歩いたり、足をかばいながら歩きます。

完全に折れてしまっている場合には、ブラブラとさせているため外見からもわかりやすいですが、ヒビが入った程度の場合は内出血や腫れなどで判断することになります。

詳しくはレントゲンで撮影してみないとわかりませんので、急に歩き方がおかしくなったり、痛がるそぶりをみせた際には、獣医師のもとにつれていって診断してもらいましょう。

応急手当

骨折が確実な場合、板や棒を添え木にして包帯などで患部と固定します。

固定ができたら、極力動かさないように動物病院へと運び込みましょう。

あくまでもこれは治療ではなく、応急処置ですので、動物病院で診てもらうことが大切です。

原因

骨折治療中の犬のイラスト

骨が折れたり、ヒビが入ることによるものです。

主な原因は、交通事故や高所からの落下、ドアなどでの挟まれ事故です。

食事の内容が悪く、骨の形成が不十分であったり、骨にできた腫瘍や、ホルモン異常などで骨がもろくなっていることが原因で骨折しやすくなる場合もあります。

治療

レントゲンの撮影機材

折れた骨を正しい形に整えて、それを固定します。

単純な骨折の場合は皮膚を切らずにギプスなどで固定させますが、複雑骨折や斜骨折は骨折面を合わせにくいため、そのような状況では皮膚を切開して手術を行い固定します。

手術後の固定方法にはいくつかの種類があります。

骨折の主な固定法

外固定法

  • 添え木を当てて包帯を巻く
  • 特殊な巻き方で包帯を巻く
  • 石膏やグラスファイバーでできたギプスで固定

外側から固定する施術です。

単純骨折ならばこの手術が費用も安くつきます。

ただし、外側から固定しているだけで、骨を実際にぴったりと固定できているわけではありません。

また、神経質な犬はギプスの装着感を嫌がりますので不向きです。

創外固定法

複雑骨折や粉砕骨折で行われる方法です。

骨折部分の骨に、皮膚の上からワイヤーやピンを数本うつ込み、できるだけ正しい位置に矯正し、創外固定器という特殊な枠に連結し、骨折を皮膚の外で固定します。

正確な矯正と、強固な固定が可能です。

一度固定したあとでも、再度調整しながら矯正することもできます。

内固定法

麻酔をしたうえで骨のズレを正しい位置に矯正し、金属製のピンやを打ち込んで固定したり、ネジで固定したり、特殊な金属板で固定したり、ワイヤーで骨に巻きつけ固定したりといった様々な方法で、患部を固定します。

骨折が綺麗に治ることや、比較的早期に治る利点がありますが、手術の担当者の知識と技術と経験が重要になります。

また、手術の料金は高額になります。

予防方法

交通事故が原因で骨折を起こすことが多いので、リードは必ず付けておきましょう。

リードは安全な場所以外では絶対に外さないようにしましょう。

高所からの落下も骨折の大きな原因となりますので、落下しないように十分気をつけましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です