蓄膿症

スポンサーリンク

蓄膿症とは犬がかかるおそれのある鼻性疾患です。

副鼻腔炎が慢性化し、更に悪化すると蓄膿症になります。

このページでは蓄膿症についての症状、原因、治療方法、予防方法をご説明します。

あくまでも参考として捉えてください。

決して当ページの内容だけで素人判断はせず、問題がありそうな場合は速やかに獣医師に相談してください。

今回の記事の目次

症状

慢性的なドロッとした粘り気のある鼻水が出て、いつも鼻をずーずーと鳴らしています。

ドロッとした粘り気のある鼻水が出てきて、呼吸は苦しそうで、ズーズーという音や、くしゃみ、鼻の上が膨らむなどの症状が出ます。

鼻腔には膿が溜まり、鼻血が出ることもあります。

痛みが出ることもあり、鼻のあたりををしきりに気にしたり、結膜炎を併発し、目やにや涙を出すこともあります。

鼻が効かなくなるため食欲が落ち、動きも緩慢になります。

犬の鼻

(上記の画像は鼻のイメージ画像です。蓄膿症とは無関係です)

原因

副鼻腔炎が悪化して膿が溜まった状態のことを蓄膿症と呼びます。

主な原因としては、細菌やウィルスの感染によって、引き起こされた副鼻腔炎が進行したり、慢性化した結果、蓄膿症になります。

治療

薬の錠剤

鼻炎や副鼻腔炎からの波及が大半ですので、抗生物質などで鼻炎の治療が行われます。

症状が重い場合は、抗生物質などの内科療法に加え、吸入器を用いて薬剤を患部に噴霧する治療方法がとられます。

それらの治療であまり効果が見られないときは、膿などを取り除くためにチューブを挿入して患部の洗浄を行います。

原因によっては外科手術が必要な場合もあります。

予防方法

予防注射

まずは鼻炎や副鼻腔炎にならないようにすることです。

つまり、細菌やウィルスの感染を予防するしか方法はありません。

といっても、簡単に予防できるものではありませんので、鼻水やくしゃみなどの初期症状があったら、すぐに動物病院で検査をしてもらって早期治療を行うようにするといいでしょう。

鼻炎の段階でしっかりと治療を行い、副鼻腔炎まで進行させないようにし、もし、副鼻腔炎にまで進行してしまったら、蓄膿症になるまで進行させないことが重要です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です