鼻粘膜腫瘍

スポンサーリンク

鼻粘膜腫瘍とは犬がかかるおそれのある鼻性疾患です。

このページでは鼻粘膜腫瘍についての症状、原因、治療方法、予防方法をご説明します。

あくまでも参考として捉えてください。

決して当ページの内容だけで素人判断はせず、問題がありそうな場合は速やかに獣医師に相談してください。

今回の記事の目次

症状

犬の鼻

鼻粘膜(鼻の中の粘膜)に腫瘍ができたことが原因で鼻汁が出たり、頻繁にくしゃみをするようになります。

鼻の中の粘膜に腫瘍ができたため、鼻水がでて、頻繁にくしゃみをします。

ひどくなると膿のような鼻水や鼻血が出ます。

原因

腫瘍や悪性腫瘍(ガン)のできる原因や因果関係は未だにはっきりとはわかっていません。

化学物質や遺伝などが関係していると考えられます。

治療

薬の錠剤

鼻粘膜部分に出来た腫瘍を外科手術で切除します。

腫瘍が悪性のもの(ガン)の場合、抗癌剤も併用して科学治療を続けていくことになります。

予防方法

予防注射

普段から愛犬のことを気に掛け、早期発見に努めましょう。

鼻の鼻腔部の腫瘍は目にみえないため、早期の発見は難しい病気ですが、鼻水や鼻血などの異常を見たら、すぐに病院で診てもらうことです。

犬は人間のように、鼻血にはなりにくいため、鼻血を流していることろ発見したらすぐに獣医師の診断を受け、早期発見、早期治療を行うことがなによりも大事になります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です