気管虚脱(器官偏平症)

スポンサーリンク

気管虚脱(器官偏平症)とは、人間には見られない犬特有の呼吸器系の病気です。

このページでは気管虚脱についての症状、原因、治療方法、予防方法をご説明します。

ただし、あくまでも参考として捉えてください。

決して当ページの内容だけで素人判断はせず、問題がありそうな場合は速やかに獣医師に相談してください。

今回の記事の目次

症状

興奮時や運動中にぜいぜいと呼吸が荒くなり、苦しそうな呼吸音を出したり、実際に呼吸困難に陥ったり、乾いた咳をします。

よだれを足流して苦しむこともあります。

症状が進むとチアノーゼをおこして倒れることもあります。

チアノーゼとは、血液中の酸素濃度が低下した際にみられる症状で、唇や舌の色がピンク色から紫色のように黒っぽい色に変色します。

原因

気管支のイラスト

犬の器官は蛇腹状態になっていて、首の動きに合わせて変形するようになっているのですが、器官を作っている軟骨や周りの筋肉の異常により呼吸困難を引き起こす病気が気管虚脱です。

主に先天性の異常ですが、ブルドッグやパグなどの短頭犬種や、小型の愛玩犬に特に多い病気です。

肥満や加齢由来の発症もみられます。

特に夏の暑い時期に発症しやすくなっており、飛行機旅行の際には短頭犬種は預かりを断られる場合もあります。

参考:ブルドッグなどの短頭犬種のお預かり中止期間の変更について

いったん発症すると再発しやすい病気です。

治療

薬の錠剤

呼吸困難や咳に対する内科療法が行われます。

症状が重い場合には、器官を広げる手術を行うこともあります。

夏場は特に気温に気をつけ、涼しい場所で寝かせるように意識しましょう。

予防方法

気管虚脱は先天性の病気のため、予防は困難です。

動物病院で検査してもらい適切な治療を行いましょう。

肥満の犬は食事制限や適切な運動で痩せさせる必要があるでしょう。

散歩の際には通常の首輪ではなく、胴輪(ハーネス)を用いることによって犬の負担が軽減できます。

特に夏場の暑い季節に見られる病気ですので、日中の暑い時間の運動や散歩はできるだけ避け、涼しい場所で過ごすようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です