スパニッシュ・グレーハウンド

スポンサーリンク
犬種
スパニッシュ・グレーハウンド
原産
スペイン
役割
野うさぎ猟
サイズ
大型犬
オスの体高
62〜70cm
オスの体重
25〜30kg
メスの体高
60〜68cm
メスの体重
20〜25kg
2014年のJKCの登録件数
0頭

歴史

紀元前600年から紀元前後にかけて、ケルト人のガリア諸部族と共に移動してきた犬が祖先ではないかと考えられています。

古代アジアのグレーハウンドの系統で、16〜18世紀頃には国外に多く輸出されました。

結果、イギリスのグレーハウンドをはじめとする、諸外国の様々なグレーハウンドの祖先となったと考えられています。

ウサギやキツネ、イノシシ狩りに使われてきました。

20世紀になってからは、ドッグレースでも活躍するようになりました。

現在では猟犬の用途だけではなく、ショードッグとしても活躍していますが、スペイン以外ではあまり普及はしていないようです。

日本でもほとんど人気はないマイナーな犬種のようで、2014年のJKCの登録数は0頭です。

ブリーダーや飼育されている方もいらっしゃらないようでした。

特徴

白黒のスパニッシュ・グレイハウンド

スペインやヨーロッパではGalgo Espanol(ガルゴ・エスパニョール)の名が一般的です。

被毛は、短い毛が密集しているスムースタイプと、顔の周辺がひげのような外貌になるやや粗い、ラフタイプが存在しています。

毛色に関する規定はなく、様々な色が存在しています。

  • フォーン
  • ブラック
  • ブラックの斑
  • チェスナッツ
  • シナモン
  • イエロー
  • レッド
  • ホワイト
  • ホワイトのマーキングなど

飼いやすさ

横から撮影したスパニッシュ・グレイハウンド

飼い主には優しく、おだやかな犬種です。

ただし、運動量はかなりの量が要求されます。

最低でも1日1時間の運動をさせて上げる必要があるでしょう。

自転車引きや、ノーリードで全力で走らせてあげられる環境があれば更に好ましいといえるでしょう。

被毛の手入れについて

短毛ですので被毛の手入れは容易です。

汚れたら硬く絞った雑巾で拭いてあげるといいでしょう。

スパニッシュ・グレーハウンドのブリーダー情報

日本でスパニッシュ・グレーハウンドを繁殖されている犬舎の情報を見つけることができませんでした。

ご存知のかたいらっしゃいましたら、メールで教えて頂けましたら幸いです。

スパニッシュ・グレーハウンドを飼育されている方のブログやサイト

日本でスパニッシュ・グレーハウンドを飼育されている方のブログやサイトを発見することができませんでした。

ご存知の方がいらっしゃいましたら、メールで教えて頂けましたら幸いです。

スパニッシュ・グレーハウンドの紹介動画


スパニッシュ・グレーハウンドのドッグショーの様子です。

本編は23分15秒です。

美しいフォルムを持った見事なスパニッシュ・グレーハウンドが多数登場します。

様々な毛色の個体がいて、見ているだけで楽しめます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です