コロナウイルス性腸炎(コロナウイルス感染症)

スポンサーリンク

コロナウイルス性腸炎はコロナウイルス感染症とも呼ばれている病気で、犬コロナウイルスが消化器に感染することによって発症する病気です。

このページではコロナウイルス性腸炎の症状や原因、予防方法を解説いたします。

ただし、あくまでも参考として捉えてください。

決して当ページの内容だけで素人判断はせず、問題がありそうな場合は速やかに獣医師に相談してください。

症状

犬コロナウイルスの病原体はさほど強くないため、成犬に感染しても症状が出ることはほとんどありません。

症状は下痢や嘔吐を伴った胃腸炎ですが、幼犬の場合には症状が強く出て、脱水症状に陥り死んでしまうこともあります。

この下痢は通常の便とは違い、強い悪臭を放っていますので、気付き次第病院で診断を受けましょう。

なお、このコロナウイルス性腸炎だけでなく、犬パルボウイルス感染症との混合感染の場合、症状は更に重くなり、非常に危険です。

原因

コロナウイルスのイメージ画像

犬コロナウイルスに感染した犬の便や嘔吐物、汚染された食器などから経口感染します。

犬の体内に侵入したコロナウイルスは、腸の細胞で増殖します。

散歩中に他の犬の便を嗅いだときや、舐めた時に感染します。

治療

錠剤

コロナウイルスを治療する効果的な薬は存在していませんので、予防接種で予防しましょう。

脱水症状を起こしている場合には輸液を行ったり、下痢がひどい場合には下痢止めを投与するといった、対症療法がとれます。

また、二次感染を予防するために抗生物質の投与も行います。

予防方法

注射針

コロナウイルスに感染した犬に近づけないようにしましょう。

コロナウイルスは成犬の場合わかりやすい症状がでないこともありますので、知らず知らずの間に病原体を撒き散らしてしまうことがあります。

毎年の予防接種を受けることにより、簡単に防ぐことができます。

年に一度の混合ワクチンの接種を忘れないようにしましょう。

コロナウイルス以外の恐ろしい病気も予防することができます。

混合ワクチンの料金

混合ワクチンの値段は5000円〜8000円くらいが相場のようです。

これは動物病院によっても違いますし、接種するワクチンの種類によっても値段が変わってきます。

掛かり付けの動物病院に問い合わせてみると良いでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です