ジアルジア症

スポンサーリンク

ジアルジア症とはジアルジアという原虫が犬の腸に寄生することによっておこる病気です。

このページではジアルジア症についての症状、原因、治療方法、予防方法を解説いたします。

ただし、あくまでも参考として捉えてください。

決して当ページの内容だけで素人判断はせず、問題がありそうな場合は速やかに獣医師に相談してください。

今回の記事の目次

症状

ジアルジアに感染しても成犬での発症は少なく、目立った症状は見られません。

幼犬の場合には、主に水様性および粘膜性の下痢が見られます。

脂肪便脂質を消化・吸収できずに排出される黄土色や白っぽい色をした悪臭を放つ脂肪便のこともあります。

腸から栄養を上手に吸収できなくなるため、食欲があるにもかかわらず、体重は減少していきます。

原因

寄生虫のイメージイラスト

ジアルジアという原虫に経口感染することによって発症します。

ジアルジアに感染した犬が排泄した便から土などに散らばり、それを舐めた犬に感染します。

また、人間にも感染することがありますので、人間から犬へ移してしまったり、犬からもらないように注意しましょう。

治療

抗原虫薬(特別な虫下し)が投与されます。

再感染を防ぐため、犬小屋やケージ、庭の土などをしっかりと消毒します。

多頭飼いをしている時には、飼育している全ての犬に抗原虫薬を投与する必要があります。

予防方法

経口感染が主な感染ルートですので、散歩中に拾い食いや、水たまりなどの汚い水を飲ませないように徹底させましょう。

他の犬の糞を嗅ぐ際にも感染する恐れがありますので、糞を嗅がないようにコントロールする必要がありますし、自身の飼い犬の排泄した便はすぐに片付けるように徹底しましょう。

それでも感染しまった場合には、犬小屋などの消毒をしっかりとおこない再感染や、別の犬への感染を防ぎましょう。

子犬で下痢が続く場合には、すぐに動物病院で検査してもらうようにしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です