おいで(こい)

スポンサーリンク

おいで(こい)は犬を呼ぶ時に使うコマンドです。

このページでは「おいで(こい)」の教え方について解説いたします。

おいで(こい)とは

犬は服従していない人間に呼ばれても、行くことはありません。

おすわりや、まてなどの基本的なコマンドを覚えたら、おいで(こい)も教えると良いでしょう。

おいで(こい)が出来れば、ドッグランや原っぱなどの広い場所でも安心して放すことができます。

また、主従関係をしっかりと覚えさせる良い訓練にもなりますので。飼い主が名前を呼べば、どのような状況下においても、犬が飛んで来るように訓練しておきましょう。

おいで(こい)の教え方

おやつやおもちゃを用意して教える方法もりますし、おやつも使わない教え方もあります。

どの教え方をするにせよ、「おいでのコマンドに従えば良いことが起こる」ということを犬に学習させることがポイントになります。

ご褒美について

「よし」のしつけを行う際に必要になってくるのが、犬へのご褒美です。

ご褒美といえばおやつのイメージが強いかもしれませんが、必ずしも食べ物が必要だというわけではありません。

おやつ
低カロリーなものを与えます。必ずしもおやつとして売られているものである必要はなく、普段与えているドライフード1粒でもご褒美になります。
おもちゃ
ボールやぬいぐるみなど、普段から好んで遊ぶおもちゃを用意します。
ほめる
「良い子」、「かしこい」など言葉でほめながら、なでます。

上記のどれもが、犬にとってはご褒美になるのです。

おやつを用いた教え方

  1. 飼い主の近くで「おすわり」をさせます
  2. その場で「まて」をさせます
  3. 数歩、犬から離れる
  4. 「おいで」や「こい」と言って、こっちにやってきたらおやつをあげる
  5. 徐々に距離を伸ばしながら反復練習を繰り返す

最終的には「おいで(こい)」の掛け声だけで犬がやってくるようにしましょう。

何しろ褒める

犬は褒めてもらうのが大好きで、次も褒めてもらいたくて同じ行動をとるようになる習性があります。

なでる、言葉で褒めるといった愛情も、犬にとってはご褒美です。

もちろん、すぐにできるようになる子もいれば、なかなか、最初は覚えられない個体もいるでしょう。

大事なことは諦めずにじっくりと教えてあげることです。

呼ばれてついてくることが楽しいと思うようになってくれば、主従関係の強化にも役立つというものです。

おいで(こい)で来ないからといって追い掛け回さない

おいで(こい)のコマンドを聞かないからといって、腹を立てて追い掛け回してはいけません。

おいで(こい)のコマンドを聞かなければ、追いかけごっこで遊んでもらえるというふうに学習してしまいます。

そうなってしまうと、おいでのコマンドに従うことはなくなってしまいます。

おいで(こい)のコマンドで来ない場合は、追いかけるのではなく、飼い主のほうが逆方向に走って行って、犬のほうが心細くなってよってくるように仕向けましょう。

絶対に叩いてはいけません

間違っても、「おいで」が上手にできないからといって暴力を振るってはいけません。

犬にとって「おいで」という言葉が、なぜか理由はわからないが飼い主に叩かれる嫌なコマンドだというトラウマを植え付けてしまいます。

そうなってしまうと、「おいで」という言葉を聞くだけでストレスを貯めてしまうようになります。

実践編

呼ばれてこっちに走ってくるボーダー・コリー

コマンドは統一させる

しつけに用いるコマンドはどのようなコマンドでも構いませんが、家族で統一させましょう。

例えばお父さんがお手をおいでという言葉で教えているのに、お母さんはこいという言葉で教えると、犬は混乱してしまいます。

共通のコマンドで教えることを徹底してください。

また、褒める際も、「かしこい」「えらい」「グッド」「ナイス」など、バラバラの褒め言葉が存在すると混乱してしまいます。

家族で共通の褒め言葉を決めておきましょう。

誉め言葉を掛けられること自体が嬉しいと思ってもらう

  • 「かしこい」+おやつ
  • 「かしこい」+おもちゃ
  • 「かしこい」+なでる

上記のような組み合わせで褒め続けることによって、犬の心境が
おやつがもらえて嬉しい!
から
かしこいと言われた。嬉しい!
に変化していきます。

最初は褒めることと餌を組み合わせておいて、徐々に餌をなくしていく方向で教えるのもいいやり方です。

外で教える場合にはロングリードを利用する

外で教える場合には、完全に「おいで」がマスターできるまではリードを外さないようにします。

通常の長さのリードだと短くて不便ですので、ロングリードを利用することをおすすめします。

場所を変えてやってみる

犬の知らない場所で教えるのも効果的です。

知らない場所で飼い主とはぐれたら大変だという状況になれば、従いやすくなります。

ちょっとしたタイミングを見計らって、犬から隠れて、犬を不安にさせ、「おいで」と呼んでこさせるのも一つの教え方です。

「おいで」と言われたらご主人のほうに走っていくことが体に刷り込まれていきます。

犬の集中力はあまり持続しない

犬種にもよりますが、犬の集中力はあまり長時間持続しないといわれています。

集中力が持続可能な時間は5分から長くても15分くらいでしょうか。

集中力が切れてしまっているのに無理やりトレーニングを続けると、犬はそのトレーニング自体が嫌いになってしまい逆効果になります。

長時間トレーニングするのではなく、短時間のトレーニングを何回かにわけて行うようにするのが効果的です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です